CASECを導入している企業とは?

CASECを導入している企業は数多くあります。
ソフトバンクグループは事業内容のグローバル化を見越し時代に合ったニーズをお客様に提供するためにグループの対象会社に所属する17000人が受験し英語力の向上に役立てています。
日清食品ホールディングス株式会社は、現在世界13か国で事業展開をしているため今後もさらに海外展開を進めるために社員の英語力を向上させるためにCASECを利用しています。
楽天株式会社は、世界一のインターネットサービス企業になることも目標として掲げている企業です。
また、世界の国境を越えて優秀な人材を採用するためにも世界の共通語である英語力はとても重要になります。
また、日々英語で入ってくるインターネット情報を読むためにも英語は必要スキルとなります。
ほかにも、株式会社富士ゼロックス総合研究所や三菱商事株式会社などまだまだ多くの企業がCASECを取り入れています。

どうしてCASECが良いのか

 

CASECは多くの個人や企業に導入し受験されています。
忙しくてなかなか明確な予定を立てられない人は能力があっても受験できなくなってしまうことがあるかもしれません。
しかし、CASECはインターネットを通じて24時間いつでもどこでも受験することができます。
自分の都合によって日程を考慮し受験することができます。
それは、家でもいいですし、職場やインターネットカフェであっても大丈夫です。
日程に縛られることなく受験できるのは忙しい人や社会人にはとてもうれしいことです。
受験時間も40~50分ほどなので時間も取られません。
CASECはTOEICを受験する人にもおすすめです。
CASECはTOEICの点数を確認することができるので自分の弱点ポイントを確認に強化することができます。
また、何度も受験することによって過去の履歴と今の自分の学力を比較しどれだけ能力が向上したのかを確認することができます。

CASECの利用料金は?

 

個人でCASECを受験するためには、CASECチケットを購入する必要があります。
1回につきチケット1枚で受験することができます。チケットは1枚税込みで3600円となっています。
支払い方法は、クレジットカードとコンビニでの伝票支払いを選択することができます。
クレジットカードは、VISA・Master・JCBを利用することができます。
コンビニでの振り込みはオンラインで伝票が表示されるので、それをプリントアウトし払い込み伝票として使います。
支払いが完了するとその場でCASECチケットが追加されるのでそれを用いてすぐに受験することができます。
もし、今すぐに受験することを希望される場合にはクレジットカードで購入することが勧められています。
支払い方法によってはチケットが有効になるのに時間がかかってしまうので、急がれている方にはクレジットカード払いがおすすめです。

CASECを利用するメリット

 

CASECは数値だけでなくて、その数値をTOEICや英検の点数に換算した場合の数値も表示してくれるので検定を受ける人にはおすすめです。
履歴書用にスコアが表示されるのでそれをプリントするなら履歴書に添付できます。
CASECを導入している企業は多く、それらの企業では英語のスキルを表すための文書として扱われます。
それでスキルのアピールに用いることができるのでこれから就職を控えている方やこれから英語力を必要とする企業に転職するときなどに役立てることができます。
インターネットを使って受験できるのは大きな利点です。
自分の好きな時間に好きな場所で受験することができるので、気軽に取り組むことができます。
また、受験時間が40~50分と短いのもメリットであると言えます。
結果がすぐに分かりますし、その人の課題点に対するアドバイスもくれるので今後に生かすことができます。
受験料が安いのも気軽に何度でも挑戦できるのもメリットです。